CHECK

原状回復工事で重要な賃貸前の状態の確認方法

原状回復工事で重要な賃貸前の状態の確認方法

原状回復工事を行う場合は、賃貸前の状態を確認する必要があります。 賃貸前の状態を把握していれば、適切な原状回復工事を実施できます。 通常は不動産会社が情報を持っているので、連絡すれば教えてくれます。 賃貸物件を退去する際に、入居前の状態に戻すために行う工事を原状回復工事と呼びます。 美観を取り戻せるなど様々なメリットがあり、身体契約には原状回復の義務が記載されています。 入居者が義務を怠っている場合は、契約違反になるので損害賠償を請求される可能性があります。 敷金から費用を差し引かれ、裁判になるトラブルに発展しているケースもあります。 原状回復工事を行うと次の入居者の印象が良くなり、物件の評価が上がります。 マンション投資で部屋を貸している場合は、空き室になるリスクを減らせます。 入居者の評判が良く回転率が高いマンションは資産価値も高くなるため、部屋を貸している側も多くのメリットを得られます。 工事を依頼する場合は事前にサービス内容と費用を確認し、豊富な実績を持つ専門会社を選択します。

劣化状況を正しく把握してから原状回復工事

マンションなどの賃貸住宅からオフィスまで、入居者が退去する際は原状回復工事が行われます。 原状回復工事は入居前の状態に戻す工事で、工事の範囲は契約書に記載されています。 壁の撤去など大きな音が出る作業は、建物の管理会社が解体日を決めて行うケースもあります。 天井やドア、壁などの塗装を行い天井の設備を確認して防災設備や空調機器を増やしている場合は元に戻します。 床のタイルやカーペット、壁紙などの交換も原状回復工事に含まれています。 カーペットの撤去に伴って廃棄物が発生すると、工事を請け負っている会社が法令に則って適切に処理します。 賃貸契約書には工事区分が記載されているので、事前に確かめてから工事を始めます。 劣化状況を確認しているので、容易に入居前の状態に戻せます。 原状回復工事では、施工内容を確認するために中間検査も実施します。 工事の費用は、作業の条件や部屋の広さによって異なります。 作業の内容によって時間帯の制約が出てしまうケースもあるので、早めに確認します。

東京の原状回復工事に関する情報サイト
原状回復工事に関する基礎知識

このサイトではテナントの退去などに伴う原状回復工事の施行を検討している方を読者層と想定して、基礎知識やトラブル回避のための情報などを色々な角度から分析したコンテンツを通じて御紹介しています。 どこまで元の状態にするべきなのかは、居抜き物件なのかスケルトン物件なのかで大きく違います。どこまで対応するべきなのかは契約書の記載なども確認して、オーナーや不動産管理会社との間でしっかり事前に確認する必要があります。

Search